バイアグラを日本で個人輸入するには?

vqa03 バイアグラの疑問

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、「個人的な使用量の範囲」については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

バイアグラはドラッグストアなどに並んでいる大衆薬と異なり処方薬なので、いわゆる「通販」サイトにあるバイアグラを称する薬品は、サイト側では全く責任を負わない(非常に読みづらい細則があります)輸入代行という体裁で運営されています。該当する薬物の摂取によって健康に障害が生じても、国による「医薬品副作用被害救済制度」の対象にならず、全くの自己責任で使用することになります。また、販売されている薬の真偽についても確認のしようがなく、運営サイトも責任を負いませんので、浮かせられるかもしれないコストの金額に照らし合わせても「通販」サイトでの「購入」は全くおすすめできません。

バイアグラについて - 新宿ウエストクリニック
バイアグラはファイザーからヴィアトリス製薬へ製造販売会社が移管されています。バイアグラとシルデナフィルは安全な正規品をご利用下さい。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました