女性の性的欲求低下障害(HSDD)とは何ですか?

女性の性的欲求低下障害(HSDD)

女性の性的欲求低下障害(Hypoactive Sexual Desire Disorder, HSDD)は、女性が十分な性的欲求を感じない状態を指す性的障害の一つです。大脳での伝達系異常により、性的興奮が過度に抑制される状態です。このため性的興奮があるべき状態に弊害が起こります。HSDDはDSM-5(米国での精神障害の診断統計マニュアル)において性的機能障害として定義されています。

本来なら興奮刺激が起こった時に始まる、性的行動を起こすためのサイクルが不十分なままとなってしまいます。この状態が持続的であり、本人にとって苦痛やストレスの原因となる場合に、HSDDと診断されることがあります。診断は通常、他の医学的または心理社会的な要因によって引き起こされていないことを確認するために行われます。

HSDDの原因は複合的で、生理学的、心理的、関係に関連するさまざまな要因が影響を与えます。ホルモンの変化、ストレス、うつ病、関係の問題、過去の性的虐待などが原因と考えられます。HSDDに対する治療には、ホルモン治療、認知行動療法、周囲の人間との関係性の見直しなどがあります。治療のアプローチは個々の状況により異なり、専門家の助言を受けることが重要です。

新宿で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラ処方 - バイアグラは新宿ウエストクリニック
新宿ウエストクリニックのバイアグラ処方。創業1986年のウエストクリニックが提供するED外来とオンライン診療です。

渋谷で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック
バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。
PAGE TOP