バイアグラと「女性版バイアグラ」との違い

バイアグラと「女性版バイアグラ」

フリバンセリン(Flibanserin)は、女性の性的欲求低下障害(HSDD)を治療するために開発された薬物です。一部では俗称として「女性版バイアグラ」と呼ばれることがありますが、作用機序や効果は、バイアグラとは異なります。

バイアグラ(シルデナフィル)や他のED治療薬は、男性の勃起機能をサポートするために使えわれる一方で、フリバンセリンは女性の性的欲求低下障害(HSDD)に対処するために設計されています。

フリバンセリンは中枢神経系に作用し、セロトニンとノルエピネフリンの受容体に影響を与え、性的欲求を増加させます。ただし、この薬の効果は個人差があり、効果を感じるためには数週間から数ヶ月かかることがあります。フリバンセリンは、一部の国で女性の性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬として承認されていますが、日本では未承認です。宇h区作用として眠気、低血圧、めまいなどが報告されており、特にアルコールとの併用は避けるべきです。

新宿で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラ処方 - バイアグラは新宿ウエストクリニック
新宿ウエストクリニックのバイアグラ処方。創業1986年のウエストクリニックが提供するED外来とオンライン診療です。

渋谷で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック
バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました