バイアグラ製剤の外観

バイアグラ製剤の外観

世界初のED治療薬バイアグラは、1999年で日本で承認され、ファイザー社から発売されました。のち2014年に特許が満了し、ジェネリック薬が複数の製薬会社から発売されます。その後バイアグラは、製造・販売がヴィアトリス社に移管され、2023年現在、日本国内で処方されているバイアグラの外観は次の表のようになります。

バイアグラ50mg 錠剤の外観・包装
錠剤外観 PTPシート(10錠)
バイアグラ錠剤50mg外観 バイアグラ50mgPTPシート
錠剤サイズ
バイアグラ50mg錠剤サイズ
外包装(100錠入)
バイアグラ-ヴィアトリス箱正面
バイアグラ25mg 錠剤の外観・包装
錠剤外観 PTPシート(10錠)
バイアグラ錠剤25mg外観 バイアグラ25mgPTPシート
錠剤サイズ
バイアグラ25mg錠剤サイズ
外包装(100錠入)
バイアグラ25mg外箱

 

バイアグラ50mg ODフィルムの外観・包装
フィルム剤外観 フィルム剤サイズ 外包装(20枚入)
準備中(右図に準ずる) バイアグラ50mgODサイズ バイアグラOD50mg外箱
バイアグラ25mg ODフィルムの外観・包装
フィルム剤外観 フィルム剤サイズ 外包装(20枚入)
準備中(右図に準ずる) バイアグラ25mgODサイズ バイアグラOD25mg外箱

バイアグラ製剤の変遷

1999年 厚生労働省が製造・販売許可。ファイザー社よりバイアグラ発売
2014年 特許が満了を迎える。各社バイアグラ後発薬(シルデナフィル)発売
2016年 バイアグラODフィルム発売
2021年 バイアグラの製造・販売がヴィアトリス社移管
2022年 不妊治療に限ってバイアグラの保険適用開始
2023年 保険適用分のバイアグラを別包装で発売予定

保険適用されるバイアグラ製剤の外観

バイアグラ・シアリスは2022年、不妊治療において、条件付きで保険診療の対象となることも決定しました。これに伴い、バイアグラ錠剤のPTPシート、バイアグラODフィルムの包装は、医療保険適用品(不妊治療)と薬価基準未収載品(自由診療)を区別するために、2023年12月出荷分より変更されます。錠剤については大きな変更はありません。ただしODフィルムについて、下記の通り包装が大幅に変更されます。当クリニックで処方されるバイアグラODフィルムの包装は薬価基準未収載品(自由診療)のため、従来の濃い青い包装の薬剤で引き続き行われます。

50mg 保険適用 50mg 自由診療 25mg 保険適用 25mg 自由診療
バイアグラOD50mg保険適用 バイアグラOD50mg バイアグラOD25mg保険適用 バイアグラOD25mg

バイアグラの「通販」「個人輸入」の危険性

この表にあるバイアグラ以外の「バイアグラ」は日本の厚生労働省に認可を受けたものではありません。また、錠剤だけを見て薬の真偽を確かめることは非常に困難です。

バイアグラは「医療用医薬品」で医師から処方を受けることが薬機法で定められています。インターネット上にあふれる「通販」で買い物をするように手に入る「バイアグラ」は、個人輸入を代行することをうたっています。これらのサイトの「バイアグラ」は出所の不明な輸入薬か偽薬です。これらのサイトでは、販売業者はあくまで個人輸入を代行しているだけであること、全て自己責任で購入すること、何かあっても一切の責任を負わないこと、を見えにくい箇所に記載しています。もし日本国内のバイアグラ正規品以外の使用で健康被害が生じても、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。リスクや手間を考慮すると、バイアグラは医療機関で処方を受けることが最善であることは間違いありません。

バイアグラ以外のED治療薬リストはこちら

バイアグラ ほかED治療薬のオンライン処方

新規登録  ログイン

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました