睡眠時無呼吸症候群の患者がバイアグラを併用して安全ですか?

vqa07

睡眠時無呼吸症候群とED

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者がバイアグラ(シルデナフィル)を併用する際は、注意が必要です。バイアグラには血管拡張作用があり、服用すると軽度の血圧低下を引き起こす可能性があります。血圧が「90/50mmHg(最高血圧/最低血圧)」未満の低血圧症の場合、バイアグラの服用で血圧がさらに下がり、問題が生じる恐れがあります。 そのため、血圧が「90/50mmHg」未満の人に対しては投与が禁じられています。特に睡眠時無呼吸症候群をお持ちで低い血圧が既に問題となっている場合、併用に注意が必要なことがあります。以下は注意が必要なポイントです。

  • 医師の指導:医師に睡眠時無呼吸症候群(SAS)であることを申告してください。医師は個別の健康状態を把握し、特に低血圧や他の既存の病気がある場合、バイアグラの使用について適切なアドバイスを、使用の可否を含めて提供します。
  • 血圧の状態の確認:睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者が低血圧の傾向がある場合、バイアグラの使用により血圧がさらに低下する可能性があります。これは特に、他の降圧薬や一部の心臓薬と併用される場合に顕著です。
  • 薬物相互作用: 睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対して処方されている他の薬物との相互作用にも留意が必要です。バイアグラは一部の薬物と相互作用する可能性があります。医師には現在の薬物療法についての情報をもれなく申告して下さい。
  • 自身の状態の確認: バイアグラを使用した場合、異常な症状が現れた場合には速やかに医師に連絡して下さい。特にめまい、ふらつき、意識の混濁などが現れる場合、これは低血圧の兆候として考えられます。

バイアグラは安全な薬ですが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者が使用するにあたっては医師からの指導を適切に受けて使用する必要があります。

新宿で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラ処方 - バイアグラは新宿ウエストクリニック
新宿ウエストクリニックのバイアグラ処方。創業1986年のウエストクリニックが提供するED外来とオンライン診療です。

渋谷で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック
バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました