バイアグラの副作用のうち緊急事態と呼べるものは?

vqa06

バイアグラの重大な副作用

バイアグラ(シルデナフィル)は一般には安全な薬物ですが、重大な副作用がゼロというわけではありません。以下はバイアグラの主な副作用で特に重大なものを挙げます。ただし、これらの副作用が必ずしも全ての患者に現れるわけではありません。個人差や健康状態により影響が異なる可能性があります。バイアグラを使用する前に医師の指導を受け、万が一これらの副作用を感じたらすぐに医師に連絡して下さい。

  • 視覚異常:
    バイアグラの使用により、視覚に異常が生じることがあります。一時的な視覚障害、ぼやけ、色の異常(視界が青みがかって見える)などが報告されています。これらが持続する場合は、医師に連絡する必要があります。多くは一過性で心配いりませんが、著しい視力の低下をともなう非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)のリスクも報告されています。
  • 突発性難聴:
    バイアグラの使用と突発性難聴との関連が指摘されています。このような症状が現れた場合は、すぐに医師に通報する必要があります。
  • 心臓への影響:
    一部の患者では、バイアグラ使用後に胸痛や不整脈の症状が報告されています。心臓疾患の既往歴がある場合は、特に慎重に使用する必要があります。心臓疾患に対する治療の経過を医師に詳しく申告して下さい。
  • 持続勃起(Priapism):
    プライアピズムとも呼ばれます。バイアグラ使用後に長時間の勃起が持続する場合があります。4時間以上にわたって勃起が続いているようなら即座に医師からの処置を受けて下さい。これを怠ると将来の男性機能を失うおそれもあります。
  • アレルギー反応:
    バイアグラの成分に対するアレルギー反応が起こることがあります。発疹、かゆみ、蕁麻疹、呼吸困難などが現れた場合(アナフィラキシー・ショックとも呼ばれます)は、直ちに医師からの処置を受ける必要があります。これらの副作用を感じた場合、または使用中に異常な症状が生じた場合は、速やかに医師に相談し、適切な処置を受けなくてはなりません。

新宿で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラ処方 - バイアグラは新宿ウエストクリニック
新宿ウエストクリニックのバイアグラ処方。創業1986年のウエストクリニックが提供するED外来とオンライン診療です。

渋谷で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック
バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました