重度の肝機能障害のある人がバイアグラを服用するとどうなるか?

vqa02

重度の肝機能障害とバイアグラ

バイアグラ(シルデナフィル)の代謝は主に肝臓で行われるため、肝機能障害のある人がバイアグラを服用する場合、薬物の代謝や排泄に問題が生じる可能性があります。肝機能が低下していると、薬物が血漿中に滞留し、副作用の発現のリスクが増加します。このため患者の状態によってバイアグラの処方を見送るか、低用量での使用から様子を見る場合があります。

軽度の肝障害がある患者、または肝機能の低下した高齢者には低用量25mgのバイアグラからはじめて、経過を観察することがあります。医師は患者の肝臓の状態や医療歴を考慮して、最適な治療法や適切な薬物の使用を判断します。場合によっては、他の治療法や代替薬の検討を行います。

新宿で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラ処方 - バイアグラは新宿ウエストクリニック
新宿ウエストクリニックのバイアグラ処方。創業1986年のウエストクリニックが提供するED外来とオンライン診療です。

渋谷で安全なバイアグラの処方を受ける

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック
バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました